棚澤幸夫の精神世界の旅と鎌倉百景
精神世界の旅

曹洞宗 栄見山 観音院

観音福田会受衣作法得度式

お袈裟のことを、道元禅師が話した言葉の中に、お袈裟は物体でなく、仏法の象徴で、仏弟子の旗標であり、着物を着るような感覚ではなく仏さまに接っしている気持でいられると言っています。仏道では大切なお袈裟を、観音院では縫う会、(縫うのも修行そのものです。)「観音福田会」を30年近くも続けています。一年係りで作ったお袈裟に、住職から裏書をして授けていただいく儀式を得度式とゆい、毎年11月24日に行こなう。この日までに出来上がらなければ、翌年まで裏書はお預け。



01 お袈裟作品展覧会

tokudosiki-01
02 お袈裟作品展覧会

tokudosiki-02
03 お袈裟作品展覧会

tokudosiki-03
04 お袈裟作品展覧会

tokudosiki-04
05 住職が、澤木興道禅師に裏書をしていただいたもの

tokudosiki-05
06 表の部分

tokudosiki-06
07 得度式

tokudosiki-07
08 得度式

tokudosiki-08
09 得度式

tokudosiki-09
10 得度式

tokudosiki-10
11 得度式

tokudosiki-11
12 得度式

tokudosiki-12
13 得度式

tokudosiki-13
14 頑張った人は特別に表彰される。

tokudosiki-14
15 表彰を受ける作品

tokudosiki-15
16 素晴らしい作品は頭上に乗せて表彰される。

tokudosiki-16
17 素晴らしい作品は頭上に乗せて表彰される。

tokudosiki-17
18 素晴らしい作品は頭上に乗せて表彰される。

tokudosiki-18

曹洞宗 栄見山 観音院 武蔵野市境南町2-4-8(TEL:0422-31-8482)



TOP PAGEへ戻る


*「棚澤幸夫の精神世界の旅と鎌倉百景」掲載写真などの全ての著作権は撮影者、棚澤幸夫に帰属します。