棚澤幸夫の精神世界の旅と鎌倉百景
精神世界の旅

曹洞宗 栄見山 観音院

羅漢像開眼法要

当寺の十六羅漢像は、十年の歳月を費やして完成した宮本中人氏の力作です。羅漢供養の意義とともに、永らく大切に保持されて後昆の人心に光明を照らしてくれるでしょう。此の度の法要は、港区高輪の泉岳寺のご住職小坂機融老師を仰ぎ二十数回の礼拝を法要中に行い、羅漢さまの徳と正法護持を祈念しました。



01 慶讃法話

rakanzoukaigenhuyo-01
02 小坂機融老師登場

rakanzoukaigenhuyo-02
03 慶讃法話

rakanzoukaigenhuyo-03
04 小坂機融老師開眼供養

rakanzoukaigenhuyo-04
05 小坂機融老師開眼供養

rakanzoukaigenhuyo-05
06 禅宗の仕来りに従って法要が行われた。

rakanzoukaigenhuyo-06
07 禅宗の仕来りに従って法要が行われた。

rakanzoukaigenhuyo-07
08 禅宗の仕来りに従って法要が行われた。

rakanzoukaigenhuyo-08
09 禅宗の仕来りに従って法要が行われた。

rakanzoukaigenhuyo-09
10 来馬正行住職の挨拶

rakanzoukaigenhuyo-10
11 風の盆(越中オワラ節)がアトラクションとして、奉納されました。

rakanzoukaigenhuyo-11
12 羅漢像(前側の左端は道元禅師)

rakanzoukaigenhuyo-12
13 羅漢像

rakanzoukaigenhuyo-13
14 羅漢像の全体(宮本中人作 楠材)

rakanzoukaigenhuyo-14
15 澤木興道禅師

rakanzoukaigenhuyo-15
16 本尊 釈迦牟尼仏
宮本中人作 楠材

rakanzoukaigenhuyo-16
17 最後の法要

rakanzoukaigenhuyo-17
18 羅漢像は仁王門の二階に祀られました。

rakanzoukaigenhuyo-18
19 風の盆(越中オワラ節)がアトラクションとして、奉納されました。

rakanzoukaigenhuyo-19

曹洞宗 栄見山 観音院 武蔵野市境南町2-4-8(TEL:0422-31-8482)



TOP PAGEへ戻る


*「棚澤幸夫の精神世界の旅と鎌倉百景」掲載写真などの全ての著作権は撮影者、棚澤幸夫に帰属します。